Q. ヤフーショッピングへのデータ移行って、無料ツールで簡単に出来るんじゃないの?

A. 楽天市場からヤフーショッピングへのデータ移行の際、無料ツールを利用した場合でも、基本機能では移行できない項目があります。

楽天からヤフーショッピングへのデータ移行は、想像以上に手間で面倒な作業です。
ヤフ楽では、商品名や販売価格、メイン画像を単純移行するだけでなく、
売上げにつなげるために、商品説明文の文章や画像、商品ページ間のリンクなどサイト回遊性をそのまま移行出来る様、工夫して移行を行っています。

ヤフ楽の強み

1. 何万点でも商品情報を移行できます。

楽天サイトの商品CSVを利用し、ヤフーショッピング用の商品CSVに一括変換致します。

ページ内に埋め込まれている画像も自動で取り込み、レイアウトを調整するCSSを、ヤフーショッピングでも使用可能な形式に変換します。

何万点でも移行可能な為、大型店舗でも安心して移行ができます。


2. カテゴリページも移行できます。

通常はCSVデータでダウンロードできないカテゴリページのデザイン情報(カテゴリ説明文上やカテゴリ説明文下、画像等)も、ヤフーショッピングへそのまま移行します。

カテゴリ構成を変えることなく、ページの内容も全て移行が可能となっています。


3. 商品ページ内のリンクも置換えできます。

商品ページ内にある他商品へのリンクや、カテゴリページへのリンクも一括置換します。
データ移行後の修正作業はもう必要ありません。

回遊率アップの施策もそのまま移行し、全て揃った状態で運用をスタートできます。


4. 楽天ディレクトリIDからYahoo!プロダクトカテゴリへの変換も可能です。

ヤフーショッピングの「カテゴリ」からの流入は22.8%です。
キーワードとマッチすることで検索上位に表示される可能性が増え、カテゴリの商品一覧にも表示されます。

ヤフ楽では、最適な紐付けルールをあらかじめ用意しており、楽天の全商品ディレクトリIDをヤフーショッピング用のプロダクトカテゴリへ自動変換しますので、データ移行後の修正作業は必要ありません。


5. 難しい送料設定などのカート設定も最適な方法をご提案します。

楽天からヤフーショッピングへの商品移行の際に、一番問題になるのが送料の設定に関するシステムの違いです。
弊社では、今までの移行実績からなる経験を元に、様々な送料パターンとそれに対する設定の手法を熟知しております。
運営中の店舗に合わせた送料設定パターンをご用意致しております。


6. 共通説明文、おすすめ商品も移行できます。

ECサイトで購入率や回遊率を高める為にも重要になる「共通説明文」や「おすすめ商品」。
ヤフ楽なら、楽天ショップで設定した「共通説明文」「おすすめ商品」テンプレートも移行出来るので、せっかく設定した大切なデータを損ないません。


7. 店舗設定や会社概要設定も移行できます。

意外と面倒で時間のかかる「店舗設定」や「会社概要設定」の移行作業。
ヤフ楽では、オプション料金¥0で移行するのはもちろん、Yahoo!ストアのシステムにあわせた最適な設定をご提案しています。


8. 開店申請も、お任せ下さい。

Yahoo!では、ストアを開店する為に「開店申請」が必要となっています。
「開店申請」は、Yahoo!独自のチェックが入る為、「どこを設定すればいいのかわからない」「審査通 過まで時間がかかった」とのいうお声を耳にします。

ヤフ楽では、Yahoo!ストア構築の経験豊富なスタッフが「開店申請」まで行い、
最短1営業日審査通過の実績もあるので、安心です。


9. 手動でのデータ修正にも対応しています。

楽天とYahoo!では、商品データの仕様に違いがある為、商品説明文の文字数や画像サイズの大きさによっては、自動で移行が出来ない場合がございます。

ヤフ楽では、手動でのデータ修正にも対応しており、大切な商品データを確実に移行出来ます。


10. スマートフォンページの基本部分移行もできます。

スマートフォンページからの流入、購入が激増しているEC業界。
PCページだけでなく、スマートフォン用ページを充実させる事が重要となっています。
ヤフ楽では、スマートフォンページのヘッダー、おすすめ商品、商品ページの移行も可能となっています。

ポンパレモール移行出店はこちら